2020/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 「その2」と同日、夜の部の話です。

6月25日(水) フランス・ボルドー 夕方6時半

ライブ会場はセブっちゃんの店「LE FIACRE」。
地下に降りるとライブスペースがあり、そこでリハをはじめることに。
そのスペースは地下だから?独特な匂いがしました。ワインや
チーズが良く育ちそうな感じ(笑)。さすがワインの町・ボルドー(笑)!PAはもちろんフランス人。トーマスという「ジョン・マッケンロー」似(笑)の男(画像1参照)。コイツもまたいい奴でしたが、テンションが異常に高く、おかしな男でした(笑)。ヨーロッパで唯一、私の事を「スシ」でなく「サガワ」と呼ぶ男です(笑)。日本のライブハウスのような環境と違うし、言葉が通じない!という心配もありましたが、そこは何とか乗り越えて無事にリハを終えることができました!あ、リハ中にセブっちゃんがノリノリで乱入してきて盛り上げてくれました(笑)!ほんとに楽しませてくれる人です(笑)。彼のお気に入りの曲は「ZOMBIE」だったようです(笑)!

そして次に今日もう一つのバンド「RAW WILD」のリハ。
今日の企画者オフ率いるロカビリー・バンドでしたね。
で、このバンドのリハが無駄に長引き(笑)、時間ももう20時ぐらい。
時間がないということで、フランス料理を食べに行く計画は中止に(涙)!せっかくの楽しみが・・・。代わりの出前で届いたピザをヤケ食いしてやりました(笑)。

なんだかんだでオープンの21時に。こっちのほうは、21時でもまだ明るいので時間の感覚がわからなくなります(画像2参照)。時間もないので、メンバーは準備をしに宿に戻り、私は会場に残ることに。で、はるばる日本から持ってきた物販を出そうと思い、オフに「物販はどこに出していいの?」と聞くと、「ダメだ、あとで!」的なことを言われ適当にあしらわれました(笑)。ということなので、物販も出せずに異国の地でポツンと1人きりになりました(笑)。人もボチボチ集まり始め、なんかテンションも上がってきました。そして、1人ぼっちの私にPAのトーマス(マッケンロー似)やら日本語学校に通ってる人達、フレンチ・サイコビリーのカップル等々、色んな人たちが話しかけて来てくれて救われました(笑)。うれしかったなー!!「ニーハオ!中国から来たの?」と聞かれた以外は(笑)!

そして、いつのまにか前座の「RAW WILD」も終わってて(笑)、我々の出番に!お客さんも沢山!!!そんなこんなでライブスタート!!
しかし、地下で通気性が悪く暑い・・・。まさにサウナ状態。袖でビデオを撮ってる私でさえ グラッとなってしまうほど・・。メンバーはもっと苦しそう・・・・・。 で、そんな悪条件の中、約40分近くのライブを完走!!アンコールはかかりましたが、パス(笑)!ボルドーの皆様ごめんなさい(笑)。なかなかの盛り上がりで、いいスタートをきることができました!!

そして、まちに待った物販開店!コミュニケーションに苦しみながらも(ほぼボデー・ランゲージでクリア、笑)、上々の売れ行き!!買ってくれた皆様、ありがとうでーす!

そして、そのまま打ち上げのようなものに突入!!この中でも、セブっちゃん&トーマスはテンション高し(笑)!楽しい〜!!そして、店には「アントニオ・バンデラス」、「ロッド・スチュワート」のソックリさんも居てかなり笑わせてもらいました(笑)!我々は昼の観光&ライブでの灼熱地獄で少々お疲れ気味(笑)でしたが、ボルドーの皆が温かくしてくれて、楽しませてくれたので大満足でした!でも、それ以上に疲れてたのは、企画者のオフでした(笑)。

で、我々は明日の朝8時半にボルドーを出発する電車に乗らなくてはいけません。オフに「明日、駅までの行き方がわからないから教えてくれ」と聞くと、「エマニュエルが朝、迎えに来るから!連絡先も教えておく。」とのこと。もうこの時点でこの人、かなり疲れ気味で投げやり。ライブ終わってからも「お疲れ様!」の一言もないし。どーなってんだ、コイツ?と、疑問を抱きましたが、とりあえず向かえがくるなら問題ないかってことで、ボルドーの夜を満喫しました!

で、夜も更けて宿に帰ることに。ボルドーの皆ともお別れの時がきました。2日間ともに過ごした、ムードメーカーのセブっちゃんとも今日でお別れ。別れ際、彼もいつになく静かになっていました。ほんとに良くしてくれたし、いつでもウチらを楽しませてくれたから別れがスゴイ辛かった・・・。ありがとう、セブっちゃん!!また必ず会おうねー!!
万歳!!!!!!!!!


で、宿に帰り明日の起床時間を決め、私は即就寝。

そして、翌日この旅、最大のヤマ場を迎えることになります・・・。


〜メイク・ミラクル!ボルドー→バルセロナ・大移動編〜に続く・・・

◆画像1 私とPAのトーマス(ジョン・マッケンロー似、笑)。


◆画像2 フランス・ボルドー 21時ごろ。



◆画像3 CRACKS GIG @LE FIACRE



SUSHICRACK


スポンサーサイト


comment









trackback