2020/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 
ずいぶん間が空いちゃいましたが(笑)、「EURO TOUR」続編です。
ヒマな人は、1〜3まで全部読み直してください(笑)。

◆6月26日(木) フランス・ボルドー◆

朝7時、起床。今日はボルドー発8時30分の電車にのり、約12時間
近くかけて、次の目的地スペインはバルセロナ・ピネダに行く事になっています。
フランスの友人に調べてもらった話によるとこの電車を逃すと、
バルセロナまで行けないという・・。なんてヘンピな場所なんでしょうね (笑)。
飛行機という、手段もあったのだが金銭的な問題で(笑)、
一番お金のかからないこの手段を選びました。時間もあることだし。

昨日のオフの話によると、アパートにエマニュエル(フランスの通訳係)
が迎えに来ると言っていたが、どうも怪しい・・・。
オフからエマニュエルの電話番号を聞いていたので、電話してみると・・・・
 
出ない!そして、オフにもかけると、これまたつながらない(笑)!
名前のとおり、携帯の電源もオフにしてる模様(笑)!

「もしかして、来ないんじゃ・・」

という不安が脳裏をよぎりました。でもアパート(人の家)の鍵も預かってるし・・。
この時点で7時半すぎ、とりあえず8時ぐらいまで待ってみて来なかったら
移動しようということにしました。待ってる間にボルドー駅までの行き方を調べることに。
今居る場所からボルドー駅まではバス(日本で言う、路面電車)で
移動するという事はわかっていたので路線図を見る・・・

しかしわかりづらい(笑)!

もう時間は8時!迎えは来ないし電話にも出ないので、それらしき駅も見つかったので、
移動する事に。距離は2駅ぐらい、歩けるだろう!ということで歩いて行く事に。

そして、それらしき場所に到着!!しかし・・・電車の駅らしきものがない(笑)!
近くにいた人に聞いてみると、ボルドー駅は方向が逆との事・・・。
間違って逆に進んでしまった模様(笑)。この時点で8時30分近く。
行き方はわかったので、あきらめずにボルドー駅に向かうことに!
バスの扉に挟まれたり(笑)、切符の通し方もわからない状態(ほぼ無賃乗車状態、笑)で
なんとかボルドー駅に到着!
しかし、この時点で9時・・・。もちろん、乗りたい電車は出発してしまってました・・・。

「あー、どーすんだ、これ・・・・・。」

途方にくれる、ウチら。でもどうにかしてバルセロナまで行けないかってことで、
駅のインフォメーションで聞いてみることに。
色々、調べたりしているとヒロユキ(G)の電話にエマニュエルから着信が!
とりあえず、タクシーでこっちまで来てもらうことに。

そして、エマニュエルが到着。バルセロナに行ける方法を聞いてもらうことに。
なんと、行ける電車があるらしい!!
彼の「ケツ死の交渉(画像1参照)」が実り、バルセロナ行きの切符をゲット!!
しかし、途中から TGVという日本でいう新幹線みたいなものに乗らないといけないらしく
250ユーロほど余分にとられました(涙)。でも、行けるからいいやー!
 


◆画像1・救世主・エマニュエル、駅員に「決(ケツ)死の交渉中」!
            交渉が「決(ケツ)裂」しなくてよかった(笑) 。


で、エマニュエルから何故、迎えに来なかったかを聞くと・・・・

「そんな話聞いてない!そのアパートの場所も知らないし!」

だってー(笑)。どーなってんだ、オフの野郎(笑)!電話もつながんねーし!
私達はオフの野郎に完全にハメられたようです(笑)。
とりあえず、エマニュエルにアパートの鍵を渡し、電車の乗り換えの駅をしつこく確認し(笑)、
お別れしました。エマニュエル、助けてくれてありがとー!



◆画像2・フランスの「半ケツ王子」ことエマニュエルと記念撮影。


そして、無事に電車に乗り、乗り換え駅の「NARBONNE」を目指すことに!
この電車はとっても綺麗な電車!南フランスの素敵な風景を堪能しながらの旅!
気分も良し!2時間半ほどで乗換駅の「NARBONNE」の駅に到着!

で、次の電車まで3時間待ち(笑)。「NARBONNE」の駅はフランスとスペインの国境近く。
とても暑い(笑)!そして物乞いみたいな奴も沢山居て雰囲気も悪い(笑)!
時間つぶしに駅前のカフェで休憩。ここも、冷房がなくて暑い(笑)。
だらだらしながら時間をつぶしていると、次の電車が来る時間に。



◆画像3・「NARBONNE」の駅にて、ただほんと暑かった(笑)。


次の電車はバルセロナまで直行!「TGV」というちょっと高い電車なので、
高級な列車で「世界の車窓」から的な感じになるのかな(笑)?
そんな期待を膨らませていると、来たのは超汚い電車(笑)。
「え、これ??」って二度見するぐらいビックリでした(笑)。
で、電車に乗ると指定席でとったはずなのに席がない(笑)!
 
勝手に座ってる奴をどかして(しかもゴネる奴多し、笑)、なんとか席に着くことに!
ヒロユキ、ご苦労さまでした(笑)!乗客も完全にロンパってる奴(笑)とか、
警察にパスポートチェックされてるような奴とかで なんか落ち着かない感じ(笑)。
不安になったので、駅につくたびに荷物(楽器とか)とられないかチェックしてたりで、
結局4時間寝ないで乗ってました(笑)。しかもこの電車、食堂車があるっていうので
常に腹ペコな私(笑)、見にいったら売ってるのはお菓子と缶ジュースだけ(笑)。
快適どころか、疲れが溜まる一方でした(笑)。


そして乗ること4時間、バルセロナに到着!!しかしこの時点で22時!
次は「RENFE」という電車に乗り、「PSYCHOBILLY MEETING」の会場、
「PINEDA DE MAR」を目指します。
まず、切符を買おうとするがまったくわからない(笑)!
まず、今いる駅が何て駅だかわかってませんでした(笑)。
人に聞いても、もうここは スペイン、英語が通じません(涙)。
なんとか切符も購入し、どの電車に乗ればいいかもわかり、電車に乗ることに。



◆画像4・バルセロナ22時。写真をよーく見ると券売機に苦戦してる3人が(笑)。

本日、色んなことがあったため、いつになく慎重なウチら(笑)。
あってると思うけどまだ不安・・、間違えると目的地に向かう電車が無くなる・・。
そんな感じで電車で話していると、

「何かお困りですか?」

との声!!「日本語だっ!」と思い、見ると女性の姿が!
見た目はもろ外人!でも、日本語バッチリ!おまけにキレイ(爆笑)!
なんて運が良い!早速、「ピネダに行きたいんだ。」と言うとその女性が
流暢な日本語で丁寧に教えてくれました!
これで乗り換えが、自信から確信に変わりました(笑)!
そして安心して、雑談をしてたら乗り換えの駅に!
その女性ともお別れに!ケイコさん、ありがとう!!
あなたはモノホンの女神でした(爆笑)!
※残念ながら写真はありません(笑)。

そして、乗り換え駅「SANTS」に。目的地方面の電車のホームにたどり着きました。
で、時刻表を見るとおかしな事に気づく。

「ピネダ行きの電車がもうないー!!!!!!」。

一番近くまで行く電車は7つ手前の「MATARO」という駅・・・。
完全に終わった・・・・・・。

またまた長くなりましたね(笑)、〜マタロの悲劇編〜に続く。


SUSHICRACK

        


スポンサーサイト


comment









trackback